排水管の水漏れの原因

排水管の水漏れの原因 水回りの床がある日濡れていたことから、水漏れが発生していることに初めて気が付くという事例は少なくありません。このように床が濡れていたり湿っていたりする場合、排水管のどこかで問題が発生している可能性が疑われます。浴室やキッチンのシンク、トイレの便器と床の接続部分などの水漏れは、排水管のトラブルの可能性が高いです。そもそも排水管でなぜ水漏れが起きるのか、その原因を探ってみるといくつかの候補が考えられます。10年ほど使い続けると劣化も進み、このようなトラブルがいつ起きても決しておかしくありません。


■パイプの詰まりが多い

排水管の水漏れの原因の中でも多いのが、パイプのどこかで異物や蓄積した汚れによって詰まりが起きているケースです。詰まりが起きていれば、排水の通る道がそれだけ狭くなってしまいます。この流れの悪さが積み重なっていくと、いよいよパイプの許容範囲をいつかオーバーします。その結果、水漏れが起きてしまいます。
お風呂場や洗面所、洗濯機の場合は抜け毛が原因となるケースが多いです。キッチンであれば、野菜くずや食用油が原因で詰まりを引き起こすことがあります。またトイレではティッシュペーパーなどの水に溶けない紙を流してしまった場合や、最近スマホをトイレの中に持ち込む方が多いため、うっかり落としてそれが詰まりの原因になることもあります。この他にも紙おむつやペットのトイレ砂なども詰まりの原因となります。

■接続部が緩んでしまった
長年同じ排水管を使い続けていると、接続部分の緩みが発生することも考えられます。つなぎ目のところにはナットもしくはパッキンが使われていて、水が漏れ出ないようになっています。しかし衝撃などでナットが徐々に緩んでしまうこともあり得ます。また排水管内の詰まりを放置していると、その圧力によってつなぎ目が緩みだすことも考えられます。パッキンはゴム製なので、長年使っているとどうしても劣化が起こります。パッキンの劣化によって隙間が生まれ、水が漏れる原因となります。
もし接続部が問題で漏れが起きているのであれば、早めに専門の水道工事業者に連絡すべきです。放置しているとパイプそのものが破損してしまって、さらに大掛かりな工事が必要になることもあります。

■経年劣化による場合も

排水パイプも使い続けると徐々に劣化してしまいます。利用頻度はライフスタイルによって若干の違いがあるものの、耐用年数は10年から15年といわれています。もし築10年以上の建物であれば、排水管からの水漏れはいつ起きても決しておかしくありません。築10年以上経過している住宅であれば、たとえ水漏れがまだ発生していなくても、予防のために状況を業者に確認してもらうのがおすすめです。そして一度排水管の状態をチェックしてもらって、必要なメンテナンスを依頼しましょう。もし排水管 水漏れが発生すると、排水が床などに流れ出したり、排水口に逆流してしまって悪臭が部屋に充満する恐れがあります。

■まとめ
水道工事業者を呼んだり、自宅にあげて作業をしてもらうのは面倒に感じる方もいます。しかしそれでも水漏れが発生しているようであれば、速やかに水道工事の業者に連絡を取ったほうがいいです。排水管から汚水が逆流するなどして、部屋の中が異臭に包まれる恐れがあるからです。またマンションなどの集合住宅の場合、床を伝って下の階の天井を濡らしてしまい迷惑をかける可能性もあります。2次被害を防ぐためにも速やかにプロに修理を依頼することが大事です。水漏れの範囲拡大を防ぐために大事なのは、止水栓を止めることです。そうすれば水の流れを止めることができ、漏れ出す水そのものがなくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース